医療事務に転職!仕事を変える前に取っておきたい資格

エクセル作業をする女性のイメージ

自分の可能性を広げたり、働きやすい環境を求めて等、転職際は様々な理由があります。
医療事務という仕事はとても人気な職業です。事務は複雑な計算や処理が必要と思われますが、基本的に単純作業です。
医療機関毎に専用の事務サポートソフトを導入しています。
それを使いこなす事が必要になりますが、そちらは就職した後に覚える事であり就職前に備える必要はありません。

医療事務として働く場合、基本的に資格は必要ありません。
医療事務というのは資格ではなくいくつもの事務資格の総称です。就職の人事でも資格は要件にありません。
転職の際に必要なのは資格ではなく、一般教養とコミュニケーション能力です。事務経験があれば、それが何よりの資格と言えます。

では医療事務に転職する為に取っておくべき資格はないのでしょうか。実はそんな事はありません。
仕事はしながら覚えるのですが、必要な人材として人事部は人柄を重視します。
一緒の環境で働くので、資格取得して少しでもここで役に立ちたかったという努力や熱意は伝わります。

また医療事務は人気な職業なので、求人をかけると募集人数より多く応募される傾向にあります。
どちらも同じ位で一人しか選べないとすると、そこで取得している資格が判断基準になってきます。
医療事務と総称される資格の中で、特に業務に直結する様な資格は2つあります。

1つはパソコンスキルの証明である、マイクロソフトオフィススペシャリストです。
ワード・エクセル・パワーポイントがありますが、基本的なパソコン技能を有している証明となるので、ワードとエクセルを備えておくと良いでしょう。
何故なら業務も大半はパソコン業務だからです。もう一つが医療事務業界ではメジャーな資格である、財団法人日本医療教育財団の医療事務技能審査試験です。医療用語も現場では使用します。
最低限の基礎知識を有している事の証明にもなり有益です。転職の際に必ず必要とまでは言えませんが、転職前に取っておくと良い待遇で働ける事も多いです。

医療事務を仕事にするならニチイで勉強しよう

資格取得を決めたらどの様な手段で学ぶかを選択します。多くの通学・通信講座がありますが、医療事務について特に強力なバックアップを受けられるのがニチイです。
全国的にしられている企業であり、資格試験対策に定評のある大手です。通信教育にも通学にも対応していますが、通学できる圏内に必ずあるとは限りません。

しかし通信教育でも通学と同等レベルで身につける事が可能です。何よりあまり知られていませんが、ニチイの医療事務講座の大きな魅力は就職に強い事です。
他の講座も充実した学習内容を提供していますが、就職のサポートはニチイだけです。
就業実績も業界1位であり、多くの方が利用しています。講座修了生に対して個別に電話相談を受け付けています。
専門サポーターがマンツーマンで転職・就職をサポートしてくれます。
サポート内容は自身の通勤できる範囲で募集している医療機関の情報提供や、就職試験対策のアドバイスをしてくれます。

就職に強い理由はもう1つあります。
それは医療事務等専門の求人情報サービスである「きゃりあネット」を展開しているからです。
この「きゃりあネット」は、ニチイの講座修了生向けの情報掲示板であり、登録する事で利用できます。就業する為の情報を得る事ができます。

では講座での学習内容はどうでしょうか。修了しても資格が取得できなければ意味は薄まります。
ニチイは上記の様に通学制と通信制があります。通信制が通学制と遜色なく学べる理由は、DVD教材が付いたオーディオ・ビジュアルスクールコースがあるからです。
教室の講義内容をDVDで体験する事ができ、より理解が進みます。
以上の事から、ニチイは医療事務資格の取得と就職のサポートが充実していると言えます。