医療事務と言えば、ライフスタイルが変わっても仕事を続け、時短などでも働くことが出来る、などから転職を希望する方が多い印象を受けます。
医療事務の大きな仕事内容は、診療所や病院で受付や会計(患者対応や金銭授受など)、カルテ管理や入力業務・レセプト業務など、クラーク業務を行うことです。
その他雇用形態や勤務をする病院などによって細かく変わってきたりしますが、一般的にはこの様な職務形態になっていくようです。

医療事務ってどんなお仕事?

病院のロビー

医療事務の仕事内容は大きい病院か小さいクリニックや診療所によっては細かい仕事内容や一日の流れは違ってくることもあります。
おおまかな一般的な病院の一日の仕事内容の流れとしては、まずは朝、制服などに着替えて受付時間の少し前くらいに出勤し院内の清掃や患者様を迎える準備をします。
受付が始まり時間が過ぎると午前中の診療が終了する時間まで患者さんへの受付、問診、診察介助やカルテ入力、会計などの一連の仕事内容を繰り返していきます。
午前中の診療時間が終わると会計を確認し、そこで休憩時間となります。
午後の診療時間も午前中と同じように患者さんに対して一連の作業を行っていくことになりますが、夕方になってくると患者様の数が増えるためにスピーディーな対応が求められるでしょう。

そして午後の受付が全て終了し、全ての患者様がいなくなられたら会計の確認や清掃を行い勤務終了となります。
受付終了後は掃除や片付け、簡単なミーティングなどを行うこともあります。
特に大きなトラブルなどもなければ定時で上がりやすいこともあり、ワークライフバランスを保てることでも人気のある業種です。

また、医療事務の仕事の中心でもあるレセプト業務も月末から月初めにかけて行われます。
患者様と国や保険連合組合などの保険者に病院やクリニックでかかった診察費をそれぞれ請求する必要があるので、それらの作業を行います。
保険者への請求はレセプトを作って請求するので、この作業のことをレセプト作業と呼びます。
レセプト作成は専門知識が必要で、小さなクリニックなどだと長らく働いている医療事務さんが担当していることが多くなってくるくらい重要な職種になってきます。

以前は手書きで行われていたレセプトも現在はオンラインでレセプトコンピューターを使って提出するケースも増えています。
だからと言ってレセプトに間違いや不備があってはならないのでやはり専門知識が必要になってきます。
内容に不備があれば差し戻しや、実際の診療報酬から減額されたうえで医療機関に診療報酬が支払われることもあるため、注意して作業することが必要になってきます。
時間のかかる作業になってくるので毎月締め切り間際のときには残業して仕上げなげればならないときもあり、医療事務として働く上では必要なスキルになってきます。

医療事務が向いている人とはどんな人?

医療事務として働いている人

医療事務に向いている人の特徴としては、患者さんが病院に来て一番初めに接するのが受付である医療事務となるので、安心感を与えられるような思いやりを持ち心のこもった接客が出来ることがまず必要となってきます。
患者さんは具合が悪い中病院へ来ていますので素早く正確な作業かつ思いやりを持って対応していくことも必要です。
病院内で患者さんの体調が悪くなってしまうなどの急なトラブルが発生した場合に緊急の事態などにすぐに対応できるような臨機応変さも重要です。
また、周囲を見ながら行動する力・患者さんに対して思いやりを持ち、その気持ちが分かる人ということも医療事務に向いている人の条件なのではないでしょうか。

これらに抵抗があり難しいと感じてしまうと、医療事務そのものが向いていないのではないかと思われます。
その他にもたくさんの患者さんの個人情報を取り扱うことになるため、情報の取り扱いなどにも慎重に対応出来ることや個人情報を取り扱う際のルールを守って行動することなど、口が堅く秘密を喋らない、などに抵抗がないことも大事です。
さらにレセプト業務などでは締め切りがある業務なども出てくることが多いため、スピード感を持った上で正確な作業を行うことが出来る、日々の作業を正確かつスピード感を持って作業することに抵抗のない方が向いてるでしょう。

知識を付けても内容が変わる可能性も

また医療事務で重要になってくる医療保険の内容に関しては法改正などで変わってくることもありずっと同じ内容とは限りません。
新しい知識に対し向上心を持って継続的に勉強できることも大事なので勉強することが好きな人も向いているでしょう。
さらに電子カルテの普及や病院内のIT化も徐々に進んでいるため、少なくとも一般的なコンピューターの知識があることは大事です。
また未経験でも勤務できるところなどでも基礎的なコンピューターの知識やキーボードの入力に抵抗がないことも必要となるでしょう。

さらにデスクワークと思いがちな医療事務ですが、患者さんだけでなく病院内の医師や看護師、業者の方、その他多くの方を初めとした様々な人と連絡をとり上手くコミュニケーションをとって円滑に院内業務を回していくための対人能力なども大切になってくるのではないのでしょうか。
また、医療職の受付として患者さんに接するための身だしなみとしてナチュラルメイクや清潔感のある服装をすることに抵抗がないことなども欠かせない条件なのではないでしょうか。
ここまで挙げた例に抵抗のある方には医療事務は向いていないのではないかと思われます。

医療事務に転職!志望動機の書き方

履歴書と職務経歴書を書く女性

医療事務に転職する際の志望動機の書き方としては、クリニックや総合病院での医療事務としての勤務を希望していることに関して、まずなぜ医療事務を目指したのかという点をきちんと書けているかが重要です。
さらに医療事務の資格を持っているかどうか、持っている人は医療事務の経験がどのような病院でどれくらいの勤務経験があるのかも必要です。
なぜ他の医院に転職したいのかの理由や、資格を持っていない人は不足している知識を補うための資格取得に関する勉強をしているかどうかなどのこれからに関しての前向きかつマイナスをプラスに変えるようなフォローの文章だとなお良いでしょう。
医療業界の経験だけではなく人をまとめる上で必要になってくるリーダー経験や新人教育経験があり、即戦力としてアピールできる面があるかどうか、なぜこの病院を希望するのかについてはしっかりとホームページなど事前に調べて見学をしてみるなどして細かく文章に出来るようにすると分かりやすく印象もいいと思われます。

医療事務を探す方法

医療事務の求人を探すにはハローワークなどを利用する方法がありますが、その他には転職サイトを利用する人も増えています。
医療事務の求人がある転職サイトはそれぞれ特徴があり数多くのサイトが存在します。 優良なサイトを探すには手間と時間が掛かりますが、転職サイトを分析・調査したサイトも存在するのでそちらを参考にしてみるのもいいでしょう。

医療事務の転職サイトを比較する

自分がどのように役に立てるかを具体化する

さらに入社したあとの自分の将来の目標や理想像、自分を客観的に見て短所や長所などをうまく組み込んで文章を作っていくと良いでしょう。
転職する前の仕事などでアピールできることがあれば、事務能力のアピールも基本のパソコンスキルがあることやキーボードの入力に抵抗がないことのアピール材料になります。
それ以外にも接客業をしていたことに関しては患者さんに対するコミュニケーション能力があるということへの印象づけや突発的なトラブルに対応する能力、その場その場で臨機応変に対応が出来ることへのアピールにもなります。
さらに転職した際に周りの環境とも馴染んでいけるかどうかの判断材料にもなりますし、人と接する力があることについて書いていくのも魅力的に映る志望動機としてはよいのではないのでしょうか。

前職が医療業界以外の別業種であったとしても、その中で培った経験や実績を転職してから医療の現場でも活かしていけること、さらに実際勤務されていた方は医療事務でどんなことを大切に働いてきたか、どんなことを得意としてきたかなどの実績や資格があればそれらを正確に書きましょう。
いずれにしても転職は一からのスタートとなるので、しっかりと学んでいく意思と向上心なども書いていくのが大切になってきます。